転職の基礎知識

【第二新卒】転職が成功する人の特徴3選!失敗しないためにまずやるべきこととは?

 

  • 転職したいけど、失敗はしたくない!
  • どうなれば「転職は成功した」と言えるのだろう…
  • 転職に成功した人はどんなことをしたのかな?

転職活動は、長く続けていると「転職を成功させる」という目標から「転職できるかどうか」に変わってしまいがちです。

 

しかし転職というのは、できてゴールではなく、むしろできてからがスタート。

 

無事転職が決まり、新しい会社で働き出すことができても

「前職のほうが良かったかも…」

「社風や仕事内容が思っていたのと違う」

といった後悔や不満が残っては、せっかく頑張った転職活動も意味がなくなってしまいます。

 

転職できたという事実ではなく、「転職に成功したかどうか」がとても大事なのです。

 

では転職を経験した人は、どのような転職を成功と考えているのでしょうか。

また、転職に成功した人が成功するためにどんなことをしたのか、その方法も合わせてご紹介します。

  • 転職成功の定義
  • 転職が成功する人・失敗する人の特徴

 

転職成功の定義とは?

転職成功の定義は人それぞれだと思いますが、自分自身が転職に成功したと思えるのは、どのような状態の時なのでしょうか。

 

「希望条件に合った企業に入社できた」ということだけでなく、「スキルを活かして活躍できている」といった自分の能力を有効に使えていたり、それらを活かしてまた新たな経験を積めていれば、成功したと感じる理由の一つとなるでしょう。

 

また、「給料が上がった」「一緒に仕事をするメンバーにも恵まれた」など、お金の面でも環境的な面でも前職より満足度が高くなったとなれば、腰を落ち着けて長く働けそうだと感じられるでしょうし、この転職は成功だった!と思えるのではないでしょうか。

 

 

転職が成功する人の特徴①転職理由が明確

転職する理由は、人によって様々だと思います。

 

もっと給料の高い会社に行きたい

土日祝休みの会社に行きたい

自分のスキルが活かせる会社に行きたい

上司や同僚が嫌で転職したいetc…

 

そうやって理由がはっきりしているということは、次の企業に求めることもはっきりしているわけですから、自分に合った企業を探すことができます。

 

そのため、転職理由が明確である人は、転職に成功しやすいと言えるでしょう。

 

転職が成功する人の特徴②情報収集がしっかりできている

転職に成功する人は、転職先の企業や業種について調べています。

 

会社のホームページを隅々まで読む

FacebookやTwitterなどのSNSやYouTubeをチェックする

口コミサイトをチェックする、

候補の会社が出展するイベントへの観察etc…

 

かなりのリサーチ量になりますが、むしろこれぐらいやった方が失敗しません。

 

転職に成功している人はこういった方法でリサーチしながら、会社が求めている人材・労働条件・今までのスキルを活かせるかを徹底的に調べ、自分の希望条件と合うかどうかを見ています。

 

そしてだんだんと「自分の条件に合っていて内定が出やすい会社」を絞り込んでいくため、成功しやすいと言えるでしょう。

 

転職が成功する人の特徴③応募する企業を1社に絞っていない

転職に成功する人は、たくさんリサーチをして企業を絞り込みはしますが、1社に絞ってはいません。

受かるとは限らないし、もし落ちてしまったら、また1から企業探しをしないといけませんからね。

 

かといって、あまり多すぎても企業一つひとつの研究や準備が疎かになってしまうので、ひとまず5~10社に絞ります。

 

もし絞った結果、企業の数が少な過ぎたら、またリサーチをして候補の会社を探しているのです。

 

転職に失敗する人はどんな人?

転職に失敗する人は、やはり転職の理由が曖昧だったり、自分の意志ではなく人の意見に影響されてしまう人が多いです。

 

また、転職したい気持ちが一時の感情に任せたものだったり、ネガティブな理由からである場合でも、転職先でまた同じような理由で不満を感じ、転職を繰り返してしまうということもあります。

 

転職に失敗する人の特徴①なんとなくで転職してしまう

なんとなく転職したいという気持ちのまま、転職してしまうのはあまり良くありません。

 

なぜなら、転職したいと思った理由と動機、目的を明確にせず転職してしまうと後悔につながる可能性が非常に高いからです。

 

転職活動を進めて内定をもらっても、悩みや問題が根本的には解決せず、結局はまた転職することになってしまうんですね・・・。

 

しかし、その「転職したい」と感じたという気持ちはとても大事。

何となくであったとしても、必ず何か理由があるはずです。

 

給料に不満がある、もっと違うことをしてみたいと思った、スキルを活かしたい、もっとステップアップしたいと思ったといったことが、心のどこかであるのではないでしょうか。

 

転職したいという気持ちになった時は、現職に対する不満やこの先どうしたいのかを明確にするチャンスです。

 

転職に失敗する人の特徴②人任せで転職活動をする

転職サイトを使って転職活動をする場合、自分で求人を探したり企業を研究したりと、自分主導で動いていく必要があります。

 

しかし転職エージェントを利用する場合、企業選定や相手企業との交渉などキャリアアドバイザーに任せることになります。

 

手間は省けるものの、任せっきりにすることで「あまり企業のことは知らないけど、アドバイザーが選んでくれた企業だから大丈夫だろう」と思ってしまうと、後から転職した企業に合わないということもあり得ます。

 

自分はどういう理由で、どんな職場に転職したいかをはっきりさせておきましょう。

 

転職に失敗する人の特徴③後ろ向きな理由から転職する

仕事をしていて何かしら不満を抱えることは、誰にでもあります。

 

ですが、後ろ向きな理由だけで転職活動をすると企業側が受けるあなたのイメージはあまりよくありません。

魅力的な人材だとも思ってもらえないでしょう。

 

転職する理由は100%面接で聞かれます。

 

もし後ろ向きな理由で会社を辞めた場合でも、面接で好印象を与えるためにも前向きな理由も考える必要があります。

 

転職する!まずは転職サイトに登録しよう!

転職が初めての人であれば、不安や怖さを感じる人も多いと思います。

 

しかし、今や転職は当たり前の時代

 

自分が理想とする環境へのステップアップ、キャリアやスキルの幅を広げるためにも、いつでも転職できるよう準備しておくことが大事です。

 

登録するのは簡単ですし無料なので、まずは転職サイトに登録してみましょう。

 

まとめ

転職に成功する人・失敗する人の特徴は、以下の通りです。

要点まとめ
  • 転職が成功する人の特徴①:転職理由が明確
  • 転職が成功する人の特徴②情報収集がしっかりできている
  • 転職が成功する人の特徴③応募する企業を1社に絞っていない
  • 転職に失敗する人の特徴①なんとなくで転職してしまう
  • 転職に失敗する人の特徴②人任せで転職活動をする
  • 転職に失敗する人の特徴③後ろ向きな理由から転職する

 

仕事を変えることは、人生においてとても重要な決断です。

 

だからこそちゃんと成功させるためにも、上記をしっかり意識して転職活動を行い、理想の転職をしましょう!