人間関係

上司と合わない時の対処法7選!うつ病になる前に対策をとるべき!

上司と合わない

 

  • 上司と合わなくて辛い
  • 仕事にやる気が起きない
  • 仕事がやりにくい

 

1日のほとんどを一緒に過ごすことが多い、職場の上司。

だからこそ「上司とは良好な関係で居たい」と思うものですが、その反面「上司と合わない・・・」と悩んでいる会社員も多くいます。

とはいえ、合わないから仕事したくないとはもちろん言えるはずもなく、何とか我慢して乗り切っているのが現状でしょう。

 

若手社員
若手社員
上司と合わないと仕事がやりづらい…

 

しかしこの我慢の積み重ねがうつ病を発症する原因にもなるため、甘く見てはいけません。

明らかにパワハラやセクハラ、いじめが原因でうつ病になるという場合であれば、まだわかりやすいです。

 

しかし自分と合わない上司が原因の場合は、その場は我慢できても、どんどんストレスが蓄積されていき、気づいたらうつ病になっていた…なんてこともあります。

 

うつ病になると、睡眠障害や疲労感、食欲減退などの身体の症状も出れば、興味または喜びの喪失だったり、常に不安になったりといった心の症状も出ます。

ひどくなれば、会社を退職しなければならなくなってしまい、それからの生活に大きく影響してしまいます。

 

そうならないためには、どう対処すればいいのでしょうか?

  • 上司と合わない時の対処法
  • 具体的なアクション

 

ここでは、上司と合わない時の対処法や、うつ病にならないための対策についてご紹介していきます!

 

上司と合わない時の対処法!

付き合う友達や恋人は選べますが、職場の上司は残念ながら選べません。

お互い人間ですから、どうしても合う合わないはあります。

もし合わない上司にあたってしまったら、どうすればいいのでしょうか。

 

対処法①上司の良いところを探す

合わない相手だと、どうしても悪い部分にばかり目がいってしまうものです。

「人にものを伝えるのが上手(分かりやすい)」「決断力がある」「細かいところまで見ているからミスが少ない」など、その上司の良い部分も意識して見るようにしてみましょう。

 

若手社員
若手社員
誰にでも良いところがあるんだね!

 

仕事面だけでなく、プライベート面にもフォーカスしてみてもいいですね。

もしかしたら、自分と共通の趣味があるかもしれませんよ!

 

合わないからと言って避けるばかりではなく、自分から歩み寄ることも大切です。

 

対処法②仕事として割り切る

その会社で働く理由は、もちろん仕事そのものが楽しいとか、やりがいがあるからという人もいますが、何より「生きていくためにお金を稼ぎたいから」という人も多いでしょう。

 

合わない上司と接しているこの1分1秒がお金になっているんだ、と割り切ることも一つです。

そうやって完璧に仕事をして成果を上げ、自分の能力を高め、上司に何も言わせない状況を作ってしまえばいいのです。

 

上司と絡まなくても仕事ができるようにするのです。

仕事で話す機会が減れば、必然的に上司の嫌なところを見る機会も減りますからね。

合わないと感じることはもちろん、上司のことを考える時間すらなくなります。

 

仕事は楽しいことばかりではなく、辛いことの方が多いです。

お金を稼ぐことには、当然困難は付きもの。

それをいちいち真に受けていては、体も心も持ちません。

これは仕事なんだと割り切って、気持ちを切り替えていきましょう。

 

対処法③上司の上司に相談する

嫌な上司が係長なら課長、課長なら部長、といった上司の上司に相談するのも良いです。

上司の上司であれば役職も上ですし、直接指導してくれたり、他の部署へ異動してもらったりなどの対処を取ってもらいやすいでしょう。

 

対処法④ストレス発散方法を見つける

好きな本を読む。好きな音楽を聴く。好きな映画やドラマを見る。好きなものを食べる。買い物に行って欲しいものを買う。

 

何でもいいんです。

 

何かに集中することで嫌なことも忘れられるし、リフレッシュできます。

 

若手社員
若手社員
リフレッシュが大事!

 

リフレッシュができれば、仕事のモチベーションも保てます。

精神的にも楽になるので、休日は仕事のことを忘れて自分の好きなことを楽しむようにしましょう。

 

対策法⑤原因が自分にないか考えてみる

上司と合わない原因は、上司だけでなく自分かもしれません。

 

例えばですが、何度も間違いを繰り返していれば、当然注意する言葉もだんだん厳しくなってきます。

性格的に合わないという場合は仕方ありませんが、自分の仕事に原因がある可能性も踏まえて、自分の行動を振り返り、問題がないか考えてみましょう。

 

思い当たることがなくても、周りの同僚などに聞いてみると、意外な反応があるかもしれません。

 

対処法⑥異動願いを出す

どうしても耐えられないなら、この手もアリです。

会社はどこも人手不足なので、もし誰かが辞めれば、またすぐに求人を出して人を集めなければなりません。

人を採用するというのは、とても大変です。

 

求人の内容を考えたり、面接設定のために予定を調節したり、やっと採用できたとしても、入社後は教育をしていかなければいけないのです。

ですから会社としてもこの手間を少しでも減らしたい・・・つまりは、退職者を出したくないと思っているので、人事部に相談すれば異動させてくれることもあります。

 

対処法⑦転職する

これはもう、①~⑥の対処法をやってみてもダメだった時の、最終手段です。

勢いだけで決断はしない方がいいでしょう。

 

一時の感情だけで退職してしまうと、「仕事は楽しかった(先輩や同僚は優しかった・やりやすかった)のに、辞めない方がよかったかな…」と、後々後悔することもありますからね。

 

それに転職したとしても、次の職場で合わない上司がいないとは限りません。

またそういった上司に出会ってしまったら、転職した意味がありません。

会社を辞めるということは、それなりにリスクも背負うということです。

 

若手社員
若手社員
転職しようかな?

 

オオカミ先輩
オオカミ先輩
転職先の上司と合わない可能性もあることを頭に入れておこう!

 

本当に転職すれば悩みは解決できるのか?」を十分に考えてから行動しましょう。

 

悩み過ぎ注意!うつ病になる前に対策!

 

要点まとめ
  • 上司に良いところがないのか探してみる
  • 仕事として割り切る
  • 上司の上司に相談
  • ストレス発散をする
  • 原因が自分かもしれないので見つめ直す
  • 異動願いを出す
  • 転職する

真面目な人であればあるほど自分に厳しく、「耐えられないのは甘えているからだ」と考えがちです。

自分一人で解決しようと、「我慢する」という道を選ぶんですね。

 

しかしそれが、うつ病への第一歩となるかもしれないのです。

うつ病になってしまうと無気力になったり、体調不良が続きます。

そうなると正常な判断ができなくなり、仕事にも影響が出てしまい、最悪の場合は退職することもあり得ます。

 

人間、体が一番です。

若手社員
若手社員
自分が一番大事なんだね!

無理してお金を稼いでも、元気でなければどこにも遊びに行けないし、好きなものも食べれません。

 

うつ病になって体を壊してしまう前に、しっかり対策を取っていきましょう。