仕事の悩み

激務はどこから?睡眠不足で辛いあなたに乗り越えるコツを伝授!

激務

 

  • 仕事が忙しすぎる
  • 激務のラインってどこから?
  • 残業が多くて睡眠不足だ

 

日本の労働時間は長いとよく言われています。

その分、必然的に睡眠時間も短くなっており、睡眠不足の人は外国に比べて多いというデータもあります。

 

フランス…平均睡眠時間:8.7h
アメリカ…平均睡眠時間:7.5h
日本…平均睡眠時間:6.5h


また、日本には睡眠時間が6時間未満の人が約40%もいると言われています。

人手不足が叫ばれていますから、今後は半数を超えるかもしれませんよね…。

 

ちなみに6時間未満というのは、アメリカ人から見ると「え?それだけしか寝てナイの?」と思われてしまう数値(短時間睡眠)です。

 

仕事が忙しいとだんだん感覚が麻痺してきて、「忙しいけど激務というほどではないかも」と激務の基準があいまいになり、もうちょっと頑張れると思って続けると体を壊したり、最悪過労死に繋がることもあります。

 

どこまでなら頑張れる範囲で、どこからがアウトなのか、その判断基準って難しいですよね。

  • 激務の基準
  • 激務の体験談
  • 激務を乗り越えるコツ
  • 睡眠不足で起こる弊害

 

激務の基準とは?残業時間?

「これは激務だ」と思うその基準は、同じ仕事をしていても人によって違いますが、やはり一番挙げられるのは残業の多さです。

 

過労死ラインとして言われているのが、月80時間を超える残業

 

若手社員
若手社員
月80時間も残業してる人いるの?

 

オオカミ先輩
オオカミ先輩
表には出ていませんが、一定数いるのは間違いないでしょう。

 

これだけ残業しているということは、月に20日出勤したとして、単純に計算して毎日4時間の残業をしていることになります。

 

これはかなりの激務ですよね…。

 

しかし、激務とは何も残業の長さだけとは限りません。

仕事における拘束時間が長いとか、そんな拘束時間の中でもやることが多すぎるとか、様々なことが基準として考えられます。

 

激務の体験談を紹介!

・月に80時間以上残業があった(広告業界)

退社時間は夜の10時過ぎになることが多く、過労死ラインと言われる月80時間以上の残業時間になった。

 

・飲み会が多い(商社業界)

若手のうちは実務に追われ誘われることも少ないが、だんだんキャリアを積むと実務から離れるかわりに「飲み会とゴルフ」ばかりになって激務に。

 

・長時間労働な上に休みが少ない(小売・飲食・百貨店業界)

お客様ありきの仕事はどうしても長時間労働になる。おまけに土日祝が書き入れ時だから休みも少ない

 

・雑務が多い(教育業界)

子供が遊びに行きそうな場所の夜間パトロール、朝登校時の登校指導、テストの作成など、日々の授業の準備以外にも多く仕事がハード。

 

若手社員
若手社員
きつすぎ。プライベートの時間が無い…。

 

業界によって様々な形の激務に追われるのですね。

これだけハードだと、素直にただただ仕事をこなすだけだとすぐに体を壊してしまいます。

自分の体を守るためには、激務でも乗り越えられるコツを掴む必要があるといえます。

 

激務を乗り越えるコツ①終わった時にしたいこと考える

忙しい時は、どうしても仕事のことで頭が一杯になりがちです。

そんな時こそ、一瞬でもいいので「仕事が終わった時にしたいこと」を考えてみましょう。

 

「今日帰ったら撮っていたドラマを見たい」「終わった後ジムに行きたい」など、自分のやりたいことを考え、それを実際にしている自分を想像してみてください。

 

若手社員
若手社員
今日はトレーニングに行こう!

 

仕事後の予定を考えることで、忙しい時間の中から「冷静になれる時間」ができ、それが激務を乗り越えることに繋がります。

 

激務を乗り越えるコツ②経験を積むためと思いこむ

特に社会人になったばかりの20代は、がむしゃらに仕事に打ち込むことも多いと思いますが、それは決して無駄にはなりません。

 

目の前の仕事をこなし、どれだけ成果にこだわり、目標に対して責任を持って深くかかわれるかどうかが重要です。

 

残業ありきで仕事をするのではなく、あくまでその結果として「残業してしまう」という感じですね。

 

残業すること=激務をこなすことではなく、目の前の仕事にひたすら向き合い、経験を積むことがすなわち激務を経験することなんだと思えば、まだ前向きになれるかもしれません。

 

オオカミ先輩
オオカミ先輩
若いから成長のためと言ってバンバン仕事を振ってくる人には要注意!都合のいい扱いを受けないように線を引くべきところは線を引こう!

 

激務を乗り越えるコツ③仕事を効率化する

仕事のタスクが増えれば増えるほど、大事になってくるのはその効率化

激務を効率よくこなすためには、下記のことを意識するといいです。

 

  1. 最初に段取りを考えてから仕事に取り組む(期限を意識しながら取り組む)
  2. 無理な時は頼る、断る
  3. 振り返りをする

 

①段取り

仕事をしながら段取りを決めるのではなく、仕事を始める前に段取りを決める方が良いでしょう。

やるべきことを洗い出し、どれぐらい時間がかかるのか?期限はいつまでなのか?を踏まえて優先順位を考えることで、全体を把握できて仕事を進めやすくなります。

 

②無理な時は頼る、断る

日本人は真面目な人も多いので、自分に任された仕事は、例えそれが激務になっても自分で片づけようとしがちです。

真面目であるがゆえに「人に頼るなんてかっこ悪い」「断るのは失礼にあたる」と考えてしまうんですね。

しかしこれは、自分がやるべきことがわかっているからこそ成り立つんです。

「これは自分でできるから、頼るべきではない」「これは断るべきだ」「これはいつ、どう頼るべきか」と、自分の中で判断基準があれば、時には人を頼ったり断ることで激務でも乗り越えられることもあるでしょう。

 

③振り返りをする

なぜこの仕事はここまで忙しかったのか?無駄はないか?など、常にブラッシュアップをすることも大事です。

それを考えることで改善点が見つかり、次また忙しくなっても対応できるでしょう。

 

激務で睡眠不足!その時の弊害とは?

仕事の激務により十分な睡眠が取れていない場合、短期的に見るとまず1日を切り抜けることが困難になるでしょう。

 

寝不足の状態は、缶ビール1~2本分飲んだ状態と同じと言われています。

常に寝ていないと、常に頭がふわ~っとした状態でずっと仕事をしていることになります。

 

そのため仕事の進み具合も段違いに異なり、すぐ終わるような仕事でも倍近くかかってしまうことがあります。

また、意識がはっきりしていないと仕事のミスにも繋がります。

 

それが長期的になると、健康に様々な影響を引き起こします。

 

睡眠不足が続くと新陳代謝が低下するため、それが体重増加や肥満につながったり、反射神経が鈍って車の運転や機械操作でミスが出たり…

ストレスが解消されずイライラが溜まり、人に当たり散らしてしまうようになったり、逆に鬱になって家から出れなくなってしまったり…

 

肉体的にも精神的にもかなり辛くなってしまうでしょう。

 

オオカミ先輩
オオカミ先輩
睡眠不足は良いことなし!寝不足になるくらいまで仕事が終わらないのであれば、転職も視野にいれよう!

 

まとめ

最後にまとめです。

 

要点まとめ
  • 激務のラインは月に80時間残業
  • 乗り越えるコツ①終わった時をイメージする
  • 乗り越えるコツ②成長のためと思いこむ
  • 乗り越えるコツ③仕事を効率化
  • 睡眠不足はパフォーマンスが低下し、ミスにつながる

睡眠は、全身がしっかり機能するための重要な役割を担っています。

 

食べることも好きなことを楽しむことも、もちろん生きていく上で大切ですが、健康な状態を保つためには睡眠が基本。

 

その基本が、仕事の激務のせいでしっかり保てないのであれば、乗り越える方法やコツを上手く使い、こなしていくことが大切です。

 

それでも仕事に行くのが涙が出るほど嫌になってしまったとか、乗り越えるコツを試しても効果がなく限界が来てしまったのであれば、転職を考えるのも一つの手かもしれません。